Skip to content

筋肉が使われる刺激が気持ちよくて

私は小さいときから体を動かすことが大好きだ。といっても学生時代の部活動は文化部で、華奢な体つきが少しコンプレックスに感じていた。そんな時、引っ越しのアルバイトを始めたのだが、最初は筋力もなく、1日働けば全身筋肉痛で朝起き上がることすら辛かったが、1ヶ月続けていくと、自然と筋肉も付き筋肉痛も起こらなくなった。

体力もついて自分に自信が付いてきたが、不思議と重労働をしていても筋肉痛にならないことに、物足りなさを感じたので、初めて筋トレを始めた。腕立て伏せなど自重で行うシンプルなものだったが、次の日には筋肉痛を味わうことができ、その痛気持ちい感覚が病み付きになってしまい、筋トレにのめり込んだ。半年間でガリガリだった体が細マッチョと呼ばれるまで変わっていった。

元々体を動かすことが好きなので、趣味でランニングや自転車、ボルダリングなど始める度に普段使わない筋肉が刺激され、筋肉痛になると自分の体を更に鍛えたくなる。それが私の筋トレの原動力となり、現在も続けている一番長い趣味になった。これからも変わらず筋トレを続けていこうと思う。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です